ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
∞のマルちゃん、嵐の翔くん、SMAPのごろつよ、から元気もらって生きてます。


<< 舞台な2月と3月 | main | ライブDVD >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
ギルバートなマルバート

JUGEMテーマ:丸山隆平

東京公演も今日でおしまい。

なんだかさみしいですね〜

ま、まだ大阪はあるんですが。

今さらながら、大阪も行きたかったですよ。

単身赴任家庭にはちょっと無理かな〜 。




1/18、2/4の2回の観劇の感想など、
ちょこっと書いてみたいと思います。

ストーリーにはそんなに触れないつもりだけど、
それなりにネタばれはすると思うので、

とりあえず



ネタバレ注意 

「続き」へどうぞ

(まあ、大したことないと思う)



 
劇場内が暗くなると

ギルバート(丸山さん)とアーニー(中尾さん)が出てきて、
すぐ暗転

1回目はびっくり、2回目はドキドキしちゃいましたね。

あ〜今から始まるんだ!
そんな気合いを入れてくれる??お二人の登場です。


この舞台には今まで観た舞台にはない、いくつか特徴がありました。

その
出演者の皆さんが
セリフの無い場面や、
特に関係ない場面にも登場してきます。

それはギルバートの感情を表す場面だったり、
彼の動作を強調する場面だったり、さまざまですが。

1回目はマルちゃんをメインに観てたんで
他の方の動きをじっくりみてなかったんですが

2回目は3階席ということもあり、
他の方の動きも良く見え、
よりギルバートの焦りや、激しい感情の変化が伝わってきました。

その
椅子がいろんなセットに。

沢山の椅子が並べられてるんですが、

あるときはグレイプ家の食卓、

あるときは食料品店の棚、

あるときは車の座席

あるときは廃校の教室の椅子

他に机とソファーがあるんですが、
これも上手く使われてます。

それを出演者全員で移動させていくんです。
然な動作で変化してくのがおもしろいですよ〜。

違和感なく受け入れられるのがとても不思議です。


 ↓△魑い砲靴憧僂討道廚辰燭里
アーニーの動き。

アーニーはどんな時でもアーニーで、
後ろ姿も、袖に消えてゆくときもアーニーでした。
中尾さんってすごいです。


その
つるされた布

グレイプ家の地下の時も使われたけど、

ベティとの不倫の場面での使われ方が印象的でした。

伊藤裕子さん演じるベティはすごく妖艶で、
ちょっと官能的。

18歳のギルバートが誘惑されちゃったのもわかる〜(笑)


その
巨大な水槽

これもいろんなセットに変化します。

あるときはグレイプ家のお風呂

あるときはプール

あるときは池??(ベティが飛び込む)

そして一番象徴的なのが、
フードランドにあるロブスターの水槽
(実際ロブスターはいませんが、いるように見えるのが不思議)

古い習慣が残る田舎町にも、
都会の波は着実に押し寄せているというか、

時代は変わって行くんだという象徴のようなそんな感じがしました。


ぅ泪泙魯轡襯┘奪

過食症でソファーから動かないほど巨体化したママはシルエットで表現されてます。

声を寿ひずるさんが演じていらっしゃるのですが、

さすがは宝塚のご出身。
素晴らしいお声にほれぼれします。


ゥルバートの声なき声

ギルバートの心の声が
テロップででます。

なかなか面白い試みですが・・・

マルちゃんは観たいし、後ろも読みたいし。
おばさんの脳はついていくのに必死です(笑)

でも彼は心と裏腹な行動をしてるので、
絶対必要な演出だったと思います。


以上がG2プロデュースなんでしょうか?

ちょっと変わった演出というとこでしたが、
期待以上に面白かったです。


あ…忘れてました。

ラストの・・・燃やすとこ。

あそこはびっくりでしたね。

ああいう表現があるのかと感心しました。




マルバートにキュンポイント

“声
J-webの∞レンジャーですばるも書いてましたが、
マルちゃんの声がステキです。

もちろんお顔もすてきなんだけど、
美声の酔うってこういうことなんだな〜
ってくらいステキなお声。

▲┘廛蹈鷸
食料品店で働いてるので、
白いエプロン姿を披露。

私こういうのに弱いし、
エプロン姿など滅多に拝めませんので、
胸キュンポイントかなり高しです。

アーニーを抱える姿
特に始ってすぐのシーンが好き。

二人の兄弟愛がいいなって思います。

ぅ戰謄を助けようと飛び込もうとするとき

溺れかけているのを助けようとするんですが・・・
演技だと知り、助けずに去っていきます。

飛び込もうとして服を脱ぎかける。。。
上半身が見えそうで見えないのが・・・

ある意味ツボ(笑)←おいおい

ド饌羹了後のご挨拶

座長なマルちゃんを拝めるチャンスです。

最後に出てきたとき、ああ〜マルちゃんだーーーと思うのが
何だか快感。

カテコの座長な姿もいいです。

笑顔もたまりません。

ギルバートはあまり笑わないし、
はにかんだ笑顔ってほどんどしないので・・・


ああ、やっぱり素のマルちゃんって
かわいいーーー


あの笑顔みたさにスタオベやっちゃいますよね。


余談ポイント

1)2/4の公演では随分アドリブが増えてました。

マルちゃんが思わず笑ちゃった場面さえあったほど。
(特に秘宝館のくだり・・・わかる人にはわかる爆笑ポイント)

2)ベティ役の伊藤裕子さんが
ウエイトレス役で出てきたとこも面白くなってましたね。
(この舞台、一人何役かこなす方が大勢います)

ギルバートへの態度がさらに冷たくなってました(笑)



いい舞台を観ることができ、
本当に満足です。

またマルちゃんを舞台で拝める日が来ますように。


| 大好き丸ちゃん | 18:37 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト





| - | 18:37 | - | - | |
コメント














CALENDER
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
訪問感謝です♪
∞の橙さん
♪翔ちゃんに首ったけ♪
☆ミニブログ☆

ポインタを重ねると
文が読めます(一応)
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED